MISSON・VISION・VALUE

VISION ビジョン

ミッション

「少し先の未来を予見し”いま取り組むべき”ことの可視化と課題解決を行う」

目まぐるしく変化する世界の中で、我々がすべきこと

移り変わりの激しい時代にあって、ひと昔まえでは考えられなかったサービスの台頭や、コロナ等の社会情勢の変化により、現有サービスは必然的に変化が求められています。
例えば、日常のお買い物がインターネット化されたり、営業がオンライン化されたりといったことに加え、働き方改革など法や制度の変更、極端な少子高齢化、コロナ禍による世界的な環境変化など、状況は刻一刻と変化しています。

その変化のスピードはあまりにも早く、変わらなくてはならないということは分かっていても、どう変われば良いのか分からないということが人々の不安の根底にあります。

DXで九州の持続的な発展を実現

そして「人」にフォーカスすると、コロナ禍以前は人手不足感が強く、どこの企業でも採用難が続いていました。
しかし、その人手不足は今がピークではないというリスクやパラダイムシフト、つまり価値観や常識の変化によるリスクがあります。
このようなリスクに対して今まさに取り組めている企業はあまりにも少なく、そしてその取り組み方にも変化がありません。
人手不足だから採用を頑張る、残業をあまりさせられないから人を増やすという従来のやりかたを繰り返しています。しかし結局は人の定着には至らずにいる会社も多いのではないでしょうか。
やはりここでも変化が求められているにも関わらず、どう変われば良いのか分からないという漠然とした不安があります。

我々はそのようなリスクからDX(デジタルトランスフォーメーション)による変化を促し、生産性・競争力・魅力を高めていくことをサービスとして提供することで、この九州の持続的な発展が実現できると考えています。

地球の未来のために

一方で、待ったなしの状況を迎えているのが環境であると考えています。
最近ではSDGs活動をする企業や人も増えてきているものの、外来生物の定着、マイクロプラスチックによる汚染、手入れが不足している山々、地球温暖化など、人が安心して健康的に暮らしていける環境は確実に失われつつあります。
世界では毎年東京都59個分の森林が失われ、13分に1種の生物が絶滅しており、決して放ってはおけない差し迫った状況があるのです。
環境の悪化は経済活動・生活に多大な悪影響を及ぼすであろうし、何より持続的な発展の阻害要因となり得ます。

我々はそのような問題を解決するため、CO2フリーの電力の販売やLED・太陽光・蓄電池などの普及を事業として行いつつ、CSRとしての環境活動をプロバスケットチーム「FUKUOKA YUWA MONSTERS」を中心に実施し、九州のより良い未来創造を成し遂げてまいります。

ビジョン

~ミッションのその先へ~ 我々が見据える未来ビジョン

  • スポーツのチカラで
    九州を一つに
  • DXで地元九州の
    持続的な経済発展を
  • 利益目的ではなく
    環境目的の自然エネルギーを
  • 本気の環境活動で
    未来に誇れる街づくりを

バリュー

社員・選手が共通の価値観をもって取り組みます

ミッションの達成のために我々が備えるべきバリューを目標に掲げています

立ち向かうこと・学ぶこと・考えること・情報を注ぐこと・人生を生きること