ビジネスを大きく変える御社オリジナルの業務自動化ロボットを提供

DEVELOPMENT 受託開発・保守

RPAとは

RPAとは、Robotic Process Automationの略で、最近ではデジタルレイバー(仮想知的労働者)とも言われます。
RPAは、これまで人の手でやってきた仕事をロボットが代替する技術であることからデジタルな労働者として認識されています。

官公庁や銀行、そして東京や大阪の大手企業の間ではすでに導入、または導入を検討中の企業が70%を超えるなど、RPAに対する関心は高まってきています。
その背景には慢性的な人手不足、働き方改革などの雇用における課題があり、RPAはその解決策として期待されています。

雇用に関する様々なリスク

RPA導入によるメリット

RPAならアイデア次第で
どんなPC業務も自動化可能

毎月請求額が固定の支払(家賃等)については、全自動で振込処理を行い、処理が終わったら会計システムに自動転記していく。

指定URLを開きデータ収集。
収集したデータをエクセルに貼り付けてPDF化する。
指定されたメール送付先にPDFを添付してメールする。

新規営業で契約を獲得したお客様に全自動でサンキューメールを送る。
また、導入1か月後にフォローメールを送る。

様々な有料・無料求人広告に求人情報を載せていく作業を自動化する。
※求人情報は人の手でエクセルにまとめます。

今まで人間が行っていた
業務を
ロボットに
任せれば

RPAで会社も社員も
HAPPYに!

経営側のメリット
  • 余剰人員を抱えずに済んだ
  • 社員の生産性があがった
  • 退職者が出ても業務を止めずに済んだ
  • 社員に余計な負担をかけなくて済む
  • ミスが減り顧客からの信頼が増した
  • むしろ退職防止になった
社員側のメリット
  • 18時で帰れるようになった
  • 営業サポートロボを作って売上UPできた
  • 自分の仕事に集中できる
  • 雑務が減ってストレスが減った
  • 会社の売上が上がって給料UPになった
  • 会社の将来性を感じる

RPAロボット受託開発・保守

当社では、RPAツールを用いたシステムの受託開発・保守業務を承っております。
取り扱うツールにつきましても、「ロボパットDX」や「WinActor」など多種多様に対応しておりますので、その中からお客様のご要望に沿ったご提案をさせていただきます。
RPA導入をご検討の際は、ぜひ弊社にお問い合わせください。

RPA導入費用

最初の開発費

保守料

ライセンス料等

※使用するツールにより異なります。